自動車の駆動方式について

自動車の原動機の力を車輪に伝える駆動方式は大きく分けて三つで、フロント駆動、リア駆動、四輪駆動となります。
フロント駆動のものはエンジンがフロントにある物がほとんどで、FFと表記されることがあります。
これはフロントエンジンフロント駆動の意味で、フロントの頭文字のFが二つ並びます。
現在の乗用車はこのタイプが主流です。
フロントの車輪が駆動輪であり、操舵輪でもあります。
このタイプは挙動が安定しているので、雪道などでも比較的安全です。
リア駆動の物は、フロントエンジンのものとリアエンジンのものがあり、それぞれFRとRRと表記されます。
フロントの車輪が操舵輪でリアの車輪が駆動輪になります。
このタイプはスポーツカーなどに多く、車の性能を発揮しやすいのですが、挙動が不安定になりやすいので扱いが難しくなります。
雪道などではリアの駆動輪がスリップしてしまうことが多く、真っすぐ走ることさえ難しくなります。
フロントにエンジンがあるタイプが主流ですが、リアにエンジンがあるタイプはリアの駆動輪にエンジンの重みがかかり、不整地などでは全身する力を得やすいことから、このタイプの軽トラックが農家などで人気があるという話を聞いたこともあります。

ただし、現在では四輪駆動車に軍配があがるようです。
その四輪駆動車ですが、4WDと表記されます。
エンジンはほぼフロントにあります。
この四輪駆動車は不整地や雪道に強く、北の雪国などでの需要が多くなります。
四つの車輪を駆動させるため部品数が多くなり、車重が重くなりがちです。
燃費が悪いなどのデメリットもありますが、不整地や雪道などでの推進力の得やすさから、車選びの際に四輪駆動車であることを条件にすることも多いでしょう。
不整地や雪道に強いとはいえ、スリップはします。
ただし、スリップしてからの推進力をえやすいため、コントロールしやすいのです。
車体が重いため、制動距離も伸びますので油断は禁物です。

コメントは停止中です。